太鼓と器 KIMURANOKIの工房生活

小笠原諸島の父島で伐採された木材を使い、太鼓(ジャンべ)と器を製作しています。ここでは、日々の作業風景や想いなんかを綴っていきます。

国産ジャンベ

役所で記入する書類に配偶者の続柄を書く欄があり、妻と書こうとしたところ、紛れもなく麦と書いてしまった木村です。
(小学校の頃から漢字の書きが苦手で、読みは得意でした。紛れもなく麦です。)


父島も最近は冬らしく寒い日が続いています。
我が家は薪風呂で、沸かすのに1時間はかかる上、お湯は晴れていればソーラーパネルで出るのですが、天気が悪いと水しか出ません。
そんな日の薪風呂は、それはそれは最高なのですが、どうしても沸かす時間がない時もあり、月に数回、修行僧の如く身を清め精神を鍛えております。


前置きはこの辺にしておいて、数日前、我が家の駐車場に立っていた大きな琉球松(リュウキュウマツ)が 危険木として伐採されました。

琉球松は白蟻が大好きな木でして、中がスカスカに食べられて、台風の時等に倒木する恐れがあります。
以前に台風で倒木し、家の車がぺしゃんこになったのも確かこの子でした。笑

しかし、今回伐採された琉球松はとてもとても元気な木で、白蟻も入っていませんでした。

真っ直ぐに伸びて太さもあり、ジャンベにするにはバッチリ。

運良く大家さんから連絡を貰って、伐採業者にも協力して貰ってちょうどいい長さに切って貰って、友達に軽トラで運んで貰い、元気も貰いました。
(何回貰ったでしょうか?)
いつもありがとうございます!

そして昨日今日と2日間集中し、なんとかジャンベを削りだす事が出来ました!
f:id:KIMURANOKI:20200212225318j:plain

やっぱりジャンベを削る時は気合いが入ります。
気合いを入れなきゃ削れないとも言えます。
ウッドターニングの世界でも、そこそこヘビーなジャンルなのかなとも思います。

デカさうんぬんもありますが、貫通させて空洞にするには、中々固定も難しかったりします。

ぶっちゃけ自分はまだまだ経験も浅く、本来なら挑むにはまだまだ早いレベルな事も分かっています。

だけど、ここを目指してスタートして、始めからジャンベを作る為の道具を揃え、技術を学び、先生も応援してくれました。

一人で父島に戻って、出来るか不安だらけでしたが、小さなジャンベから作って、安全に出来るよう、綺麗に出来るよう、出来るだけ身体に負担がかからないよう、少しずつですが出来るようになって来ていると最近感じています。


KIMURANOKIがジャンベ作りで目指すところは、

日本の木を使って、島の木を使って、国産ジャンベを作る。

趣味のレベルを越えて、太鼓と器KIMURANOKIとして、世界に誇れるジャンベを作る。

プロのミュージシャンが、喜んでライブで使ってくれるジャンベを作る。

島の子供、日本、世界に、小笠原父島の木を使った国産ジャンベが届いて、楽しんで叩いてくれる。


大量生産は出来ないけど、アフリカのジャンベの素晴らしさは越えられないかもしれないけど、南の島の小さな工房から、色々な場所に想いが届く事を
願って、これからも少しずつですが作っていきます。

どうか長期戦、宜しくお願いします。

大きな目標は語ってますが、自分で削って完成させた国産ジャンベはまだこの6つだけ。
まだまだこれからです。
f:id:KIMURANOKI:20200212230557j:plain

そして今日仲間入りした新たな琉球松のボディはこちら。今までの中で一番デカイです。
f:id:KIMURANOKI:20200212232526j:plain
これからしばらく乾燥に入って、また良きタイミングで続きをお知らせしますね。


では、ざっくり作業を振り替えります。

丸太を工房に吊り上げて入れて(今回初めてやったけど、いい感じに出来た)、
f:id:KIMURANOKI:20200212232947j:plain

外側を削って(途中の写真がない。)
f:id:KIMURANOKI:20200212233136j:plain

中をひたすら掘る。
道具が中々いかついでしょ?
f:id:KIMURANOKI:20200212233346j:plain

ひっくり返して、反対からも掘って掘って掘りまくったら、
f:id:KIMURANOKI:20200212233700j:plain

大きな大きな琉球松の国産ジャンベ琉球松子ちゃんの誕生です。
f:id:KIMURANOKI:20200212233810j:plain

はいおまけにさっきと同じパターン、10秒タイマー自撮り。笑
f:id:KIMURANOKI:20200212234006j:plain



psアフリカンジャンベ練習会も中々盛り上がって来ましたよー!
f:id:KIMURANOKI:20200212234856j:plain


ps2 KIMURANOKIん太郎飴&ホウオウボクの器のプレゼントキャンペーン14日までですよー。笑
盛り上がって来ましたよー!まだの方は是非!
チョコレートでも受付中!

↓ 詳しくは前回の記事で
https://kimuranoki.hatenablog.com/entry/2020/02/07/203107


今回も読んでいただきありがとうございました!

太鼓と器KIMURANOKI開業1周年プレゼント企画!

明日、2月8日(木村の誕生日ですよ)、太鼓と器KIMURANOKIは開業して1周年を迎える事になります!

いつも応援していただいている皆様に感謝の意味を込めて、全員貰えるプレゼント企画を開催いたします!

パフパフドンドンドンドン!!

気になるプレゼントは、、、


今巷で話題の入手困難、KIMURANOKIん太郎飴、1袋(5粒)を全員にプレゼントしますっ!!(在庫に限りはあります。)

さらに、その中で抽選で1名の方にKIMURANOKIん太郎飴+鳳凰木(ホウオウボク)の器をあげちゃいます!
f:id:KIMURANOKI:20200207203335j:plain
もちろん、送料も太鼓と器KIMURANOKIが全額負担します!
出血血まみれ大サービスです!


◇応募期間◇

今から~2月14日(金)


◇応募方法◇

1,インスタグラムでお気に入りの木の写真を撮って、(森でも器でもなんでもOK) 投稿。

ハッシュタグ #器好きkimuranoki をつけて、 @kimura_nokiを文章のどこかに入れて下さい。

コピペ用

#器好きkimuranoki @kimura_noki


2, インスタグラム内のダイレクトメッセージで名前フルネーム、住所を送る。

太鼓と器KIMURANOKIのインスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/kimura_noki/

以上です。


これで、KIMURANOKlん太郎飴1袋(5粒)を全員に郵送します!
その中で、公正な抽選で1名様に鳳凰木(ホウオウボク)で作ったKIMURANOKIの器をプレゼントします!抽選結果は発送を持ってかえさせて頂きます。


ホウオウボクの器についてですが、白い木肌が綺麗なのが特徴ですが、とても軽い材で色を吸収しやすく汚れが目立ちやすいので、柿渋染めを施し、濃い茶色に染め上げ、汚れにくく、耐水性、防虫性を高め、使いやすい器に仕上げて、発送させて頂きます。
元々のイメージと違いがあるかと思いますが、どうかご了承下さい。


以前にホウオウボクについてのブログも書いてます!良かったら見てみて下さ~い。

フェスと台風とホウオウボク
https://kimuranoki.hatenablog.com/entry/2019/10/16/152736

ホウオウボクジャンベ削りました!
https://kimuranoki.hatenablog.com/entry/2019/10/29/182055


それでは皆さん、沢山のご応募お待ちしております!投稿のシェア大歓迎です!

あっ!バレンタインのチョコくれた人にも、漏れなく飴ちゃんあげちゃいますよ。笑

それでは2年目の太鼓と器KIMURANOKIも、どうかよろしくお願いします!!!

アフリカン初めました。

今年の恵方巻きは西南西を向いて、一言も話さずに全部食べきる事が出来ました。大人になった木村です。
f:id:KIMURANOKI:20200204142100j:plain

新年を迎えて、あれやこれやとやっている内に2月になりました。年々1日が早くなってるのは何故でしょうか?大人の階段を登っているからでしょうか?

2月と言えば、そう皆さんご存知、2月8日は木村の誕生日です!35才になります。
木村の誕生日と言えば、そう皆さんご存知、太鼓と器KIMURANOKIの開業日です!1才になります。

1年は早いもので、出来た事、やれなかった事、色々ありますが、まずは何より無事に1周年を迎えられるのは間違いなく、応援し、 協力し、見守ってくれている皆さんのおかげです。
本当に心からありがとうございます。

2年目は地道にもっとイイモノを沢山作って、もっと沢山の人の手に届くように、身と木を削って参ります!
それと同時にやっぱり何より、太鼓です。ジャンベです!これを時間はかかるけど沢山作り、さらにこの太鼓の魅力、楽しさをもっと多くの人に伝えていこうと心に決めております!
f:id:KIMURANOKI:20200204142732j:plain

そこでやっぱり、何より、島の子供達に触れて貰う機会を増やしていきたいです。

ちょっと回想シーン入ってて、文字多めです。
(お付き合い下さい。笑)

正直にいいますと、太鼓と器KIMURANOKIの店主、木村優(34才(まだ))はジャンベというアフリカの太鼓を作ってはいるものの、これまであまりアフリカンの太鼓のリズムを身に付けてきませんでした。
(やばっ!!)

今から9年は前の話ですが、ジャンベという太鼓の魅力にひかれ、始めたきっかけは島のミュージシャンで、バンドのグループの中で叩いている人でした。
その中で、ソロを叩く姿は鳥肌もんで、こんな風に叩けるようになりたい!とすぐにジャンベを買いました。
それからは島の友達と自由に叩いて、自由にソロを回して、フリーセッションをして遊ぶという、最高に楽しい時間を過ごしていました。
f:id:KIMURANOKI:20200204161936j:plain
(写真に意味はありません。綺麗な島、父島です。)

そんな風に、ジャンベと関わってきましたが、やっぱりこの太鼓の本質、ルーツに触れたいと本気で思うようになり、アフリカのギニアに行って、この楽器のリズム、作り方を学びたいと思うようになりました。(これが7年前位!?)

色々と準備を進め、お金を貯めて、仕事も一旦やめて、数ヶ月いく覚悟でいた矢先に、エボラ出血熱大流行というニュースが飛び込んできました。
そこで迷いに迷って、やめる勇気も大事だと、やはり断念する事に決めました。

その決断が、新たな特別な出会いを生む事になりました。
それは、鹿児島の陽気なジャンベ屋さんチアフルマークのマコトさんとの出会いでした。
それはある意味、意図して居なかった不思議な出会いでした。


その同時僕は、アフリカには行けなかったけど、仕事は一旦やめていたので、時間だけはありました。
鹿児島の離島、硫黄島という所にジャンベの学校があるという情報を仕入れ、知り合いも誰も居なかったのですが、取り敢えず行ってみりゃ、何か学べるだろうという考えで向かいました。

硫黄島に向かう為のフェリー乗り場の近くのゲストハウスにしばらく滞在しながら、観光したり、元々音楽が好きでクラブミュージックのハウスが好きだったりしたもんで、クラブにいったりしていました。

その中で、とにかく何だかよく分からないけど、鹿児島の人達メチャクチャ温かい人ばっかじゃん!となり、色々な出会いがあり、中々硫黄島行きのフェリーに乗れずにしばらく滞在していました。

そんな時、あれ?鹿児島にジャンベ屋さんがある!と調べたら分かったので、ゲストハウスでチャリンコを借りて、携帯のナビを片手に向かいました。
距離は大した事ないから、余裕だと思っていたら、登り坂がエグいエグい。
汗だくだく、膝ガクガクでなんとかジャンベ屋さんに到着。

人の気配なし。

営業日になってるし、営業時間中なのに、誰も居ない。

ここまできて、黙って帰る訳にもいかず、緊張しながら電話をかけると、「ごめんねー、すぐいくね~!」とラフな感じの人。

数分後そこに現れたのが、名前の通りあまりにも陽気なジャンベ屋さんでした。

住み込みで工房泊まっていいよ!ジャンベの皮張り教えてあげるよ!と、至れり尽くせりで、トントントンと話が進んで、皮張り修行が始まりました。
f:id:KIMURANOKI:20200204165934j:plain
(写真はイメージです。笑 どんだけ写真ないねんです。)

すぐに厳しい修行が始まりました。
と言いたい所ですが、なかなか始まりません。
「波乗りいっちゃう?」と甘い誘いに僕が乗らない訳もなく、午前中はサーフィン、美味しいお弁当を買って帰ってきて食べて、お昼寝、ギターとベースでまったりセッション、お客さんが来て会話に花がさく、さく、咲き誇る。気がつけば夜。お店を閉めて、やべっ!そろそろ皮張りやるか~!笑
みたいな暮らし。
一言で言うなら、最高でした。いや、最幸でした。

結局、硫黄島ジャンベ学校にもいかず、本当に沢山の新たな仲間と出会う事が出来ました。
ジャンベ学校の校長さんとも出会い、飲んだり、一緒に叩かして貰ったりもしました。
もちろんマコトさんから皮張りの技術も学び、専門の工具まで戴いて、しっかり学ばせて貰いました。
f:id:KIMURANOKI:20200204165409j:plain
(皮張りに使うチアフルマーク特注の工具です。)

そして何より、人の繋がりを大切にして、遊ぶ様に暮らし、仕事をしている姿に感動しました。

やっぱりそこにはジャンベという太鼓があり、アフリカンがあり、伝統を重んじてリスペクトする想いと、楽器として自由に遊ぶという形が、心地よく混ざりあっていました。
そこに、人が混ざり、笑顔が混ざり、仕事が混ざり、暮らしが混ざっていました。


それから僕は父島に帰って来てから、自分に足りないモノは何か考えながら、ジャンベのボディ(胴体)を作る為に木工旋盤の技術を学びに埼玉の教室に行ったり、島に工房を作ったり、長い時間が掛かっちゃって、今日に至ります。笑

と言う事で、話は大分長くなりましたが、今一度アフリカンの基本を学び、先ずは島の子供達に楽しさを伝えていこうと思っております。

今まで教えるという事をあまりした事がないので、ドキドキ、チャレンジではありますが、何より教える事は、1番の学びだし、教える為には学ばなきゃいけないから、つまり最大の学びになるはず!笑

そこで、お知らせになりますが、4月25日、お祭り広場にてライブドリアードというイベントの中で、太鼓と器KIMURANOKIプレゼンツ、第1回子供向けジャンベワークショップを開催する事が決まりました!
詳しくはまた、追ってお知らせしますね!!

まずはワークショップに向けて、アフリカンをワイワイガヤガヤ練習開始しております!いやー、面白い!!リズムが混ざり合うアンサンブルって奥が深い!
f:id:KIMURANOKI:20200204125010j:plain
今後の活動をお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!



ps, 開業1周年記念プレゼント企画、計画中~!

太鼓と器とランプシェード

こんばんは、初めての確定申告に怯えている木村です!
f:id:KIMURANOKI:20200121193514j:plain
※写真は内容と一切関係ありません。結婚祝いに職場の後輩に頂いた、ハマフエフキダイです。
沖縄では三大高級魚の一つです。しゃぶしゃぶと竜田揚げ、皮の湯引き、最高に美味しかったです。ご馳走様でした。


さて太鼓と器KIMURANOKIはというと、太鼓と器を作っておりました。

結婚祝いで、友達が丸太の形のケーキを作ってくれて、その土台に使われていたのが本物の丸太だったので、その木を使って小さな器を作ってみました。
f:id:KIMURANOKI:20200121194131j:plain

樹種はモクマオウです。みがくとツルツルで、優しい色味がとても好きです。


それから、オーダーを頂いているランプシェードの製作もしています。
今までのものとは、ちょっとだけ違うアイディアを取り入れてみました。
f:id:KIMURANOKI:20200121195015j:plain
アカギ×タマナです。
全体はアカギで、上のちょこっとだけタマナにしてみました。
組み合わせるのもなかなか面白いです。
下から見るとこんな感じ。
f:id:KIMURANOKI:20200121195229j:plain


後はタマナでお皿を作りました。
乾燥材で作ったので、ほとんど動かない、シンプルな器です。
割れるリスクもないので、あえて厚めに作って、ぼってりさせたり。
実はこう見えて、(どう見えてるかは謎ですが)ハイジの器が大好きなんです。
丸くてぼってりした器にパンやスープが、なんとも美味しそうで、器も美味しく見えてしまう位、魅力的なんです。
f:id:KIMURANOKI:20200121195323j:plain
今自分が作ってるテイストとは全然違いますが、ああいう感じのも突然やるかもしれないです。笑


そして、ようやく、ついに、ジャンベ作り最終章です!
f:id:KIMURANOKI:20200121200341j:plain
乾燥させたアカギのジャンベの本締め作業&毛剃りです。

ソイヤッ!完成です。笑
f:id:KIMURANOKI:20200121200536j:plain
写真じゃ伝えられないけど、メチャクチャいい音です。
つまり、メチャクチャいい音です!!
渇いた高音に含みのある中音、たまらんです。

仕上げは焼き印。
イェーイ。
f:id:KIMURANOKI:20200121200811j:plain


続いて、柿渋で渋さに磨きがかかったホウオウボクジャンベも皮張り開始!
f:id:KIMURANOKI:20200121201055j:plain

バッチリな具合に出来て、今日はここまで!
後はじっくり乾燥させます!
f:id:KIMURANOKI:20200121201124j:plain


それから、一つお知らせですが、なんとなく、扱いがふわふわしていたフェイスブックページですが、これからは太鼓と器KIMURANOKIの作業風景や、太鼓や器のメンテナンスについて等、動画をメインに(基本ノー編集で)ゆるくアップしていきますので、時間ある方はたまに覗いてみて下さい。

https://www.facebook.com/kimuranoki
ページにいいね!を押してくれると、今後情報を見れるようになるので、良かったら宜しくお願いします!


それでは薪風呂に入ってきます!ではまた!

結婚しました。

1月は何かと飲み会が多く、新年だからと言う都合の良い理由をつけては、楽しみ過ぎて、次の日にもバッチリ引きずっているダメダメ感全開の木村です。

わたくし事ではございますが、この度1月12日に入籍をする事が出来ました!
f:id:KIMURANOKI:20200114175040j:plain

1月12日は母の誕生日で、母が生まれた事、自分を生んで育ててくれた事、面と向かって感謝をちゃんと伝えられなかった事は、これからもきっとずっと心残りではあるけど、本当に心からありがとうと伝えたいです。

そして、本当に沢山の方に祝福して頂き、改めて沢山の方に支えられている事を実感し、胸が熱くなりました。
少しずつ、自分なりの形で皆さんにお返しして行けるよう努力して参ります!

新たに歩き始めた木村家を宜しくお願いします!!


さてKIMURANOKIはと言いますと、只今2つのジャンベの仕上げ作業にかかっております。

こちらはもう何度も紹介している台風で倒れたホウオウボクジャンベのボディです。
f:id:KIMURANOKI:20200114180245j:plain

白い木肌がとても綺麗で美しいです。

しかし太鼓として使っていくにはどうしても汚れが目立ちやすく、作っていく段階でも土や鉄の色がついてとれなくなったりと、頭を悩ませていました。

色々考えた結果、柿渋染めにチャレンジしてみることしました!

柿渋は自然の着色で濃い色になる上、防水性、防虫
性も格段に上がります。
それがこちら。
f:id:KIMURANOKI:20200114181144j:plain
元の色あいとは違いますが、なかなか綺麗にナチュラルに仕上がりました。
始めに発酵させた濃い柿渋で染め、乾燥してからもう一度通常の柿渋で重ねてみました。

これは器作りにも応用出来そうな気がします。
色々とチャレンジしようと思います。

話はちょっと変わりますが、今年新年初乗りのサーフィンで、新しく買ったウェットスーツと、自分が初めて買ったサーフボード(15年位前!?)で乗ったところ、メチャクチャ気持ち良かったんです。

そこから得たヒントは、最新の道具(ウェットスーツ)と原点にある素晴らしい物、事、知恵(サーフボード)を繋げれば、面白い作品作りに生かせるじゃないかという事です。

話を戻すと、日本古来の柿渋染めや漆塗りなんかは技術を身につけたほうが、間違いなく面白いっていう結論です。
今年は頭を柔らかく、掛け合わせ技をキメていきたいです。

とはいえ妄想は脹らみますが、まず沢山作っていかなきゃ話しになりませんね。
今日はジャンベ作りに集中していました。
ホウオウボクジャンベは皮張り準備で紐の編み込み作業。
f:id:KIMURANOKI:20200114184301j:plain

アカギのジャンベは皮張り開始!
リングを皮で包めるように、紐を通す穴を開けて、
f:id:KIMURANOKI:20200114184401j:plain

こんな感じでキュッと縛ります。
f:id:KIMURANOKI:20200114184442j:plain

後は太鼓に取り付けて
f:id:KIMURANOKI:20200114184747j:plain

ロープで締め上げて完了!
f:id:KIMURANOKI:20200114184923j:plain

ここから1週間程乾燥させて、本締めをしたら、ゴールは間近!
あーどんな音になるか楽しみだー!!

そんなこんなブログを書きながら、薪風呂を沸かしている訳ですが、そろそろ本腰入れて火を起こさないと、火の神に怒られそうなので、スマホを手放したいと思います。笑
f:id:KIMURANOKI:20200114190346j:plain

それではまた!最後まで読んでいただきありがとうございました。

待ってろ、風呂ー!

師走のKIMURANOKI

こんばんは、1ヶ月前にちゃっかりグアムに行ってきて、気になる木があれば触れ合っていた木村です。

この木何の木、気になる。気になる?
f:id:KIMURANOKI:20191227202541j:plain

父島にある木や植物も一杯でなんか嬉しくなりました。
ホウオウボクにハイビスカスも。
f:id:KIMURANOKI:20191227202953j:plain

帰国後、徳島では轟の滝でマイナスイオンをいっぱい吸収しました。(話飛びすぎ?)
f:id:KIMURANOKI:20191227203618j:plain
てか、服装変わりすぎ。

その喜びを藍染で表現したり。
f:id:KIMURANOKI:20191227204028j:plain
じゃーん。
f:id:KIMURANOKI:20191227204452j:plain

浅草では世界の太鼓に魅了されて、
f:id:KIMURANOKI:20191227204248j:plain

なんだかんだ、色々と吸収してきたので、来年は更に高く飛べそうな気がします。
f:id:KIMURANOKI:20191227204830j:plain


という、なんの文脈もない旅の振り返りでしたが、
ここ最近はと言うと、器にランプシェード、ジャンベとコツコツと制作しております。

目が回るような日々です。
f:id:KIMURANOKI:20191227205251j:plain

嘘です。

ボチボチやってます。

最近は外来種で駆除されているアカギという木で色々と作っています。
f:id:KIMURANOKI:20191227205445j:plain

結構な大物な木なのでデカめの作品も。
f:id:KIMURANOKI:20191227205712j:plain

ランプシェード作りでは、こんなんが、
f:id:KIMURANOKI:20191227210128j:plain
こんなんなったり。
f:id:KIMURANOKI:20191227205817j:plain
時にはグニャリと曲がるやつも。
アカギは水分がメチャクチャ多く、乾燥に伴い、良く動きます。
つまり、割れるリスクもあります。
だけど、旨いことやると、かなり面白い作品が作れて楽しいです。
f:id:KIMURANOKI:20191227220004j:plain


器でもビッグサイズ!
f:id:KIMURANOKI:20191227210759j:plain
セットして、
f:id:KIMURANOKI:20191227210942j:plain
ウリャー!! です。
f:id:KIMURANOKI:20191227210859j:plain


アカギのジャンベはと言うと、こんな穴やヒビ割れが至るところに、、、
f:id:KIMURANOKI:20191227211451j:plain
ヒーハー
f:id:KIMURANOKI:20191227211552j:plain

だけども、安心してください。
わたくし、太鼓と器KIMURANOKI、リペアはお任せ下さい。

得意の木屑&木工用ボンドを傷口にモリモリにして乾燥させて、
f:id:KIMURANOKI:20191227211739j:plain
綺麗にグライダーとヤスリで仕上げると、この通り!
f:id:KIMURANOKI:20191227212025j:plain
さらにそのまま勢いに乗って、ボディにクルミ油で潤いを与え、得意のリング溶接も完了!
f:id:KIMURANOKI:20191227212409j:plain
完成が楽しみになって来たぞー!


んで、今日完成した作品を一つご紹介します!
以前に、僕が住んでいるコーヒー山で伐採されて、白蟻にくわれていたリュウキュウマツ
削ると小さな穴が空いていたのですが、木目や菌が入った模様がとても綺麗で、ランプシェードに仕上げてみました!
f:id:KIMURANOKI:20191227212852j:plain

丸いシルエットに、丸いエジソン電球をつけて、電気をつけると、
f:id:KIMURANOKI:20191227213023j:plain
木目とスポルテッド(菌が入って出来た模様)が透けて、浮き出てきたー!赤いー!すげー!

見る角度で表情が違うし。
f:id:KIMURANOKI:20191227213337j:plain
たまらんぜ。


てな事で、ツラツラと書いて来ましたが、こんな感じで最近もやってました。

色々と忙しさに飲まれかけて、(酒にも飲まれて)ブログの更新も遅れていましたが、今年も残す所後数日となりました!

今年の誕生日2月8日に、勢い余って開業してから、少しずつではありますが、やりたい事が形になって、皆さんに喜んで貰えたり、何より自分が嬉しい気持ちになったり、本当に皆さんの応援があって、進んでいけているんだと実感しております。

ホームページ作りや、ジャンベを通した活動や、出店や、まだまだやりたい事、やるべき事はいっぱいです。

来年はさらにエンジンかけて、木と身を削って行きますので、太鼓と器KIMURANOKI今後ともどうかよろしくお願いします!!!!!

いつもありがとう!

良いお年を!!
f:id:KIMURANOKI:20191227214815j:plain

父島に戻って来ました!

1ヶ月休暇を頂いて、時間はたっぷりあったのに、ブログもSNSも一度も更新せずフラフラして、今日に至った木村です。
f:id:KIMURANOKI:20191207194128j:plain
お久しぶりです!ご無沙汰しております。
11月4日から丸々1ヶ月、帰省も兼ねて旅に出ていました。

喜びも悲しみも満載な濃い旅で、ド頭から予定変更しまくりで、なかなかハードな旅でした。

父島~東京~函館~新潟~グアム~徳島~大阪~神奈川~東京~父島

という流れで、あっちこっち、行ってきました。


結論から言うと、母が亡くなって、函館で葬儀をあげて、彼女の実家の新潟へ結婚のご挨拶に伺い、新婚旅行じゃないけど、元々兄貴家族と予定していたグアムに遊びに行って、徳島の友達に会いに行って、大阪の木工旋盤の教室に学びに行き、神奈川で大好きなJunnosのライブで踊りながら泣いて、築地で旨いもん食べて帰ってきました。


1ヶ月の間に色々な事がありすぎて、何だったのかなかなか整理がつかないところではあるのですが、一つ一つが特別で大切な時間でした。

悔しい想いや、切ない想い、感謝、新たな出会い、新たな土地での感動、技術的な学び、色々な出来事があって、KIMURANOKIとしても個人としても、大きく、新たに前に進んで行く力を貰いました。


出会ったからには必ず別れもあって、生まれたからにはいつかは死がおとずれる。

それは特別な事じゃない。

一つ一つの出会いに感謝し、限りある命を全力で使っていこうと改めて心に決めました。


今日からまた工房作業開始です!!
今年も残す所後わずか。
飲み会も多くなるけど、やるべき事やって、全力で楽しんでいきまっせー!!
f:id:KIMURANOKI:20191207194323j:plain

明日は友達の結婚パーティー
楽しみだー!